防塵マスク > 低公害車

低公害車について

大気汚染や地球温暖化を進めないための様々な種類の、黒煙や粒子状物質の排出で防塵マスクなどを必要としなくても済むような自動車が現在開発されています。
そのような自動車が、低公害車です。
低公害車は大気汚染物質の排出が少ない、もしくは大気汚染物質を排出しない、燃費性能が良い等、環境に優しい自動車です。

・燃料電池自動車
水素と酸素を化学的に反応させ、そのエネルギーを電気として直接取り出す燃料電池で走行する自動車が燃料電池自動車です。
この場合、排気ガスは水蒸気だけです。
・電気自動車
バッテリーに蓄えた電気で走る自動車です。
排気ガスを全く出さないのが特徴です。
・天然ガス自動車
都市ガスとしても使われている天然ガスを燃料としている自動車。
黒煙が出ず、二酸化炭素の排出量もガソリン車より2、3割少なくなります。
・メタノール自動車
メタノールを使用する自動車で、メタノールは天然ガスや石炭から合成したり、生ゴミやバイオマスからの合成ができます。
排出ガスにはほとんど黒煙が含まれません。
・ハイブリットカー
エンジンと電気モーターを併用、といったように複数の動力源を使い、低燃費と低排出を実現する環境に優しい自動車です。
・低燃費かつ低排出ガス認定車
低排出ガス認定車は、国土交通省の低排出ガス車認定制度に基づき認定を受けた自動車のことです。
また、低燃費車はエネルギーの使用の合理化に関する法律の燃費基準を早期に達成した自動車です。

一部対象車両は、消費者が税制面での優遇を受けられます。
多くの自動車が走っても、空気がきれいで防塵マスクなどの心配はいらないように、自動車に快適さだけでなく環境にも良いことが求められているのです。