防塵マスク > 砂漠化

砂漠化について

日本や韓国などにも黄砂が多く飛んでくる原因のひとつが砂漠化です。
黄砂は防塵マスクが必要になるどころか、発生地では死者まで出すほどの被害を出しています。
砂漠化はどのように起こり、どのような問題があるのでしょうか。

砂漠化は、干ばつなどの自然災害での原因よりも、人為的な原因によるものが多いのが現状です。
人為的な砂漠化の原因は、草原の再生能力を超えた過剰な家畜の放牧、薪など燃料や住宅のための木材の過剰伐採、過剰な灌漑による土地の塩害によるものなどがあります。
砂漠化は人間に大きく影響を及ぼす環境問題です。
砂漠化により、農作物の生産力は著しく低下し食糧不足を招きます。
また、木材がなくなり住環境にも悪影響が出てきます。
さらに、飢餓や民族対立といった社会的混乱も避けられなくなります。
砂漠化がさらなる砂漠化を呼ぶ悪循環も起こってきます。

砂漠化が急激に進んでいるのは、アフリカ・アジア・オーストラリア・南アメリカなどです。
特にアフリカの大干ばつは、多くの死者や難民が出ていました。
このため、1996年12月に砂漠化対処条約が発効され、先進国・発展途上国ともに砂漠化防止に取り組んでいます。
中国の内モンゴル自治区での人口増加により、土地の砂漠化が進んでいます。
このため、黄砂が飛散し防塵マスクなどをつけなくてはいけない状況も生まれているのです。

干ばつもまた、地球温暖化の影響が示唆されています。
砂漠化を防ぎ、地球環境を守るためには、ひとりひとりが環境を考えた生活を過ごす事が必要なのです。