防塵マスク > 世界的な大気汚染

世界的な大気汚染について

2008年3月、マラソンの世界記録保持者であるエチオピアの選手が、大気汚染を理由に北京オリンピックの出場回避の意向を発表しました。
この発言で改めて中国の大気汚染に対する諸外国の不安を浮き彫りにした形となりました。

中国の大気汚染は中国国内だけにはとどまらず、偏西風に乗って汚染物質は日本にもやってきます。
このため西日本では、光化学スモッグの発生が増えたという報告がなされています。
燃料に石炭を多く使用しているため、中国では地球温暖化を促す温室効果ガスの排出量の多さも問題となっています。
経済成長著しい中国の環境問題はもはや世界に影響を及ぼすものとなっているのです。

また、メキシコのメキシコシティやネパールのカトマンズの空気の悪さも大きな問題となっており、車の排気ガスなどでカトマンズでは防塵マスクを着用しての観光客の姿も見られるようになりました。
これは、地理的な要素も加わっており、高地のため充分に燃焼せずに光化学スモッグを引き起こしてしまうのです。

大気汚染が深刻な地域へ旅行する際には、特に喘息など持病を持っている人は防塵マスクなどを携帯して万全を期すように心がけなければいけません。
外国へ行く前には、事前にしっかりと当地の情報を集めるようにしてください。
しかし、大気汚染が減少した日本でも都市部では、ジョギングで排気ガスを吸って逆に体を壊してしまう危険性も報告されています。
大気汚染は世界的な問題であるということを忘れないでください。