防塵マスク > 花粉症用のマスク

花粉症用のマスクについて

春は花粉症の人には辛い季節です。
花粉症対策の定番といえばマスク。
マスクは大別すると、衛生マスクと作業マスクの2種類になります。
衛生マスクとは花粉対策用マスク、風邪用マスク、そして半導体工場等で使われる衛生管理マスクなど。
作業マスクとは工事などの現場で使われる防塵マスクや、医療現場で使われる手術用マスクなどです。

最近の花粉症対策のマスクは鼻や口を覆うマスクでありフィルターが細かく、花粉をカットできる性能にすぐれている不織布を使用しているものが多く販売されています。
ガーゼマスクも多層構造やフィルター付きのものが販売されていて性能もよくなっています。
しかし、性能が高くなればなるほど、呼吸がし辛く息苦しさを軽減するためにメーカーはマスクを立体にするなど様々な工夫をほどこしています。
ガーゼや不織布の他にも、喉の保湿効果のある濡れマスク、緑茶に含まれるウイルスを抑えるカテキンを加えたもの、カニやエビの殻から取った抗菌作用のあるキトサンを含んだマスク、プラスアルファの効果をうたったマスクなど多くの花粉症対策のマスクが発売されています。

防塵マスクは作業用マスクに区別されるとはいえ、息苦しさは少なく花粉症対策として使っている人も少なくありません。
外観から外出時には使いにくくても、室内でなら使って恥ずかしいということはないと思います。
様々なマスクを使い分けて、花粉症をうまく乗り切って欲しいと願います。