防塵マスク > 世界の防塵マスクの規格

世界の防塵マスクの規格について

様々な種類のあるマスクの中に、N-95というアメリカの規格のマスクがあります。
日本のマスクの規格とはどのように違うのでしょう。

N-95はアメリカの疾病管理予防センターの医療施設における結核感染防止のためのガイドラインに基づき、結核等の空気感染防止に有効と認められた規格です。
米国衛生省の機関のNIOSH(米国労働安全衛生研究所)により微粒子マスクとして認可されています。
粒子状物質の吸入防止ための規格であって、医療用に限定した規格ではありませんが、結核防止にこの規格のマスクが使われ効果があったため、医療用にはN-95規格が多く入れられるようになりました。
現在、医療関係者のSARS患者への診察にはN-95か、それ以上の性能のマスクが必要とされています。
それゆえ、N-95のマスクが入手できないときは、それと同等の工業用の防塵マスクでも対応が可能です。
N-95は医療用マスクなので、着用すると息苦しく、一般向けではありません。
喘息など肺機能が低下している人が着用すると呼吸困難を起こす恐れもあるのです。

日本での粒子状物質の吸入防止のための規格は、防塵マスクの国家検定規格です。
N-95に対応する日本の防塵マスクの規格はRS2、DS2と考えられます。
また、ヨーロッパの防塵マスクの規格はEN規格であり、世界的にマスクの規格が統一されているわけではありません。

一般にウイルスなどの感染防止には市販されているマスクの中で自分に合ったものを選ぶのが良いと言えるでしょう。