防塵マスク > 歯科技工士と防塵マスク

歯科技工士と防塵マスクについて

歯科技工士とは、義歯(入れ歯)・歯冠・矯正装置などを、歯科医師の指示のもとに作製・加工する専門職のことです。
現在の歯科医療では、歯で噛む力が弱くなると全身の健康がそこなわれると言われています。
それを防ぎ、ものを美味しく食べられるようにするための技術が歯科技工士には求められています。

歯科技工の作業は研磨などで、粉じんの多い環境で行われます。
また、90年代にはセラミック製品が普及しましたが、かつて、歯冠修復作業でアスベストを含む耐熱リボンが使われていました。
このため、歯科技工士の健康被害で特に問題となっているのが、粉じんが原因で起こるじん肺です。

じん肺の予防として、空気清浄機や集塵装置など作業環境改善が求められます。
歯科技工士は、粉じんが顔に接近してしまう研磨などの作業中には、防塵マスクの着用が求められています。
また、切削、研磨の際、目を傷めないようにするため保護メガネも必要です。

また、歯科技工士は他の医療従事者同様に病原菌の感染にも対策が必要です。
そのため、唾液や血液からの感染を防止するため、防塵マスクや保護メガネの他にも、ガウン、手袋の使用も必要です。
また、器具の慎重な取り扱いも重要です。
歯科技工士をはじめ医療従事者の健康を守るためには、作業環境対策を施すと同時に、作業する人がどのように対処すべきかをよく知っておくことが大切です。
そのためには作業する人への教育や研修を通じ、知識を得てそれを生かさねばなりません。