防塵マスク > 炭鉱見学

炭鉱見学について

三井松島リソーシス株式会社が行っている、池島体験プログラムという炭鉱見学があります。
これは、2001年に閉山となった九州最後の炭鉱であった池島炭鉱の坑道見学ができるもので、見学用に復元された坑道での石炭採取体験などができる坑外模擬坑道見学コースと、炭鉱坑内の見学ができる坑内見学コースがあります。
現役炭鉱マンの説明を聞きながら、石炭産業の現場を知ることができます。

坑内見学コースでは、防塵マスクやヘルメットなどの装備をしての入坑の準備後、炭鉱坑内へ入坑します。
坑道内を徒歩、もしくはトロッコで入坑し坑内現場を見学します。
炭鉱は海面下130mにあり、実際に見学した人はその迫力に驚きます。
日本の近代化を支えてきた歴史に触れることができる場所です。
本物のキャップライト、防塵マスクを装着しての本物の炭鉱見学は貴重な体験となります。

池島炭鉱は1952年(昭和27年)に開発が始まった炭鉱です。
長崎県の西彼杵(にしそのぎ)半島沖、池島周辺にあった海底炭鉱で、池島は炭鉱が出来る前は人口が300人強の小さな漁村でしたが、人口は一時7000人を越えました。
しかし、円高で海外産の石炭との価格差が3倍にもなり、国が国内産の石炭の縮小を打ち出しました。
そして、池島炭鉱は42年に渡る歴史を終えました。
現在、池島炭鉱は長崎炭鉱技術研修センターとして研修事業を開始しており、ベトナムやインドネシアの研修生を受け入れています。