防塵マスク > 溶接ヒュームの有害性と対策

溶接ヒュームの有害性と対策について

金属加工の基本の溶接作業で金属を溶かし接合する際に発生する白い煙は、溶接ヒュームと呼ばれます。
溶接ヒュームは細かい金属の粉じんで、大きさは1~数ミクロン。
このうち、肺の中に沈着しやすい大きさは0.5~2.0ミクロンのヒューム粒子です。
溶接ヒューム吸入の急性症状は金属熱と呼ばれます。
全身のだるさや悪寒、吐き気、頭痛などが起こります。
長期間溶接ヒュームを吸入すると、じん肺や肺気腫などの要因となります。
また、この白い煙は見えない場合もあるのでより注意が必要です。

溶接ヒュームを吸入しないようにする方法を下記に挙げます。

・発生源を密封
ロボットなど自動機械で溶接している場合には、ヒュームが外部に拡散しないように、そのシステム全体を集塵ブースで囲う。

・局所排気装置により吸引する
溶接ヒュームが、溶接している作業者の顔面を通過しないよう吸引方向やフード形式を設計し、溶接作業者だけでなく周囲にいる作業者も溶接ヒュームから守ります。
現実的な最も有効な対策と言えます。

・防塵マスクの装着
最も身近で手軽な対策ですが、防塵マスクの使用の作業者への徹底が必要条件です。
現実には防塵マスクの装着が徹底できていないことが多く、日頃からの安全衛生管理の徹底が要求されます。
さらに、溶接作業者が防塵マスクを装着していても、その周辺の人が防塵マスクを装着していないと、その人達は全く無防備で溶接ヒュームを吸い込んでしまいます。
そのため、防塵マスクだけでヒュームの吸入を防ぐのではなく、排気装置の設置など何重もの対策が必要となります。
粉じんが拡散する前、発生源での対策が必要なのです。